債権回収対策ガイド

【債権回収業者・弁護士事務所】の時効援用!

【債権回収業者・弁護士事務所】の回収対策方法!



『引田法律事務所とは?』

法律のプロである弁護士の事務所です。専門分野の一つとして債権回収の代行をしています。

相手は、弁護士です。下手に連絡すれば、あっという間に時効を中断させられますのでご注意ください。

『引田法律事務所が債権回収代行している主な債権者は以下です。』

■ 日本保証(武富士、ロプロ)

※他にも債権者はあります。参考情報です。

日本保証もプロですので、債権回収を得意とする精鋭が沢山いてます。その日本保証が債権回収の代行を依頼するぐらいですので、よっぽど信用できる法律事務所だと判断できます。

また、法律のプロですから、安易な交渉は足元をすくわれるだけですので、専門家にお任せするようにしましょう。

まず最初に、ご自身で債権者に連絡はしてはいけません。兎に角、一度内容を読んでみてください。どうするのか?は、それからでも遅くないと思います。

借金には時効があります。最後に取引した日から5年以上経過していれば、時効になっている可能性があります。

但し、勝手に時効になることはありません。消滅時効の援用という手続きをしなければ、どれだけ条件が揃っていても時効になりません。つまり、放置(無視)は何の解決にもなりませんし、永久に請求され続けます。

また、時効が中断することもあります。
5年以上経過しているからって安易に債権者に連絡すると債務の承認となり、時効が中断し5年延長します。
裁判上の請求(債務名義)は、時効が中断し10年延長します。裁判所から書類を受け取らずに放置(無視)したとしても、裁判は進行します。放置すれば、自動的に10年延長することになります。

時効にも専門的な知識が必要です。消滅時効に詳しい専門家にご相談されることをお勧めします。

まずは、自宅に通知書を送ってくるケースが多いようです。いきなり勤務先への連絡や自宅に訪問されるというのは考えにくいと思われますので、勤務先や自宅に連絡が来る前に対処するのが、解決への近道と思います。

自宅に通知書を送って反応がなければ、勤務先を知られていると勤務先に電話がかかってきたり、過去に裁判されている場合でしたら、いきなり給料もしくは通帳差し押さえということもあり得ます。

それでも反応がなければ、自宅に訪問されるようになったりします。以前とは、生活環境が変わっている方も多いと思いますので、注意が必要です。

また、引田法律事務所は、法律のプロですので、【支払督促】【訴訟】を有効に使ってきます。

支払督促や訴訟をされたにも関わらず無視してしまうと、どれだけ時効の条件が揃っていても、時効が中断して10年延長します。無視は何の解決にもなりませんので、ご注意ください。

最も注意しないといけないことは、債権者にご自身で電話をしてはいけないということです。ご自身で債権者に連絡すると時効は中断します。折角の可能性を失うことになりますので、まずは、専門家の方に相談するようにしてもらってください。やはり、法律のことは法律を分かっている方に聞くのが一番です。

『まずは、引田法律事務所から受任通知が届きます。』

消滅時効をお考えであれば、通知書に記載されている契約内容の【支払の催告に係る債権の弁済期】【最終取引月日】が重要となってきます。

法律事務所から書類が届くわけですから、今までのように無視しておけば大丈夫ということはあり得ません。これは良い機会と思って、借金と向き合うようにしてみてはどうでしょうか?

時効の可能性を調べてみることも大事です。最後に支払いをしてから、5年以上経っているのであれば、消滅時効の可能性があります。

支払督促をされた場合】

裁判所から【支払督促】と書かれた書類が届きます。その書類を受領せずに無視してしまうと勝手に話が進んでしまい、時効が中断します。裁判所から書類が届いたら、すぐに受領しましょう。

裁判所から届いた支払督促を受領した日から2週間以内に異議申立をしないといけません。2週間が経過すると時効は中断します。非常にスケジュールがタイトですので、ご注意下さい。また、ご自身で引田法律事務所に連絡したりしないようにしてください。同様に時効が中断することになります。

訴訟された場合】

裁判所から【訴状】と書かれた書類が届きます。その書類を受領せずに無視してしまうと勝手に話が進んでしまい、時効が中断します。裁判所から書類が届いたら、すぐに受領しましょう。

【訴状】の場合は、支払督促とは違い、民事訴訟になります。まずは、口頭弁論期日までに答弁書を提出しないといけません。もしくは当日出廷されるかになります。

今までの督促とはわけが違いますので無視は絶対にしてはいけません。勿論、無視をすれば時効は中断します。また、ご自身で引田法律事務所に連絡したりしないようにしてください。同様に時効が中断することになります。

まずは、消滅時効の可能性があるのか?専門の事務所にご相談されることをお勧めします。プロの意見を聞くことで見えてくることがあるはずです。

『時効になっていないからといって諦めてはいけません。』

引田法律事務所から通知書が届いたからといって、全てが消滅時効の援用ができるわけではありません。当然に時効になっていなければ支払いをしないといけません。ただ、今まで放置していた為、損害金が膨れ上がっていて、そう簡単に支払いができる状況でもないとも思われます。

消滅時効を専門している事務所であれば、その膨れ上がった借金の相談を多く受けていますので、最適な解決方法を教えてくれます。

例えば、任意整理という方法で、その膨らんでしまった損害金を減らしてくれる交渉をしてくれたり、一括ではなく分割の和解交渉してくれたりします。
業者によってはできるできないということもあるでしょうが、そこは専門事務所の実績が重要になってきます。

また、自己破産や個人再生という手段もあります。最終手段かも知れませんが、借金は何かの方法で解決しておくに越したことはありません。処理さえすれば、ブラック情報は5年で消えます。

仮に時効じゃなかったとしても諦める必要はありません。まずは、相談してみてはどうでしょうか?

オフィシャルサイト:https://law-hikita.jp/

代表弁護士:引田紀之弁護士
所属:東京弁護士会

東京都中央区日本橋小網町19-7
TEL 0366295000 FAX 0366295003
TEL 0120550325


【債権回収業者・弁護士事務所】の時効援用! | 債権回収対策ガイド

【債権回収業者・弁護士事務所】の時効援用! | 債権回収対策ガイド
【債権回収業者・弁護士事務所】の時効援用! | 債権回収対策ガイド

消滅時効の援用で解決! | アルスタ司法書士事務所

消滅時効の援用で解決! | アルスタ司法書士事務所

アルスタ司法書士事務所の特長!

〘 豊富な経験 〙

蓄積した知識、経験を生かして適切なアドバイスとサポートをしてくれます。

〘 無料相談、無料通話 〙

相談者の為に無料で相談できて、無料通話(フリーコール)を用意してくれています。

〘 費用の支払い方法が柔軟 〙

費用の支払い方法については柔軟に対応してくれます。支払いが不安な方には法テラスの利用なども可能な事務所です。

〘 仕事の精度 〙

消滅時効の援用だけが仕事ではありません。借金の完全な解決を目指し尽力してくれる事務所です。

〘 お勧めする理由 〙

最近はインターネットの普及により色んな知識を得れるようになりました。ですが、消滅時効とはそんな簡単なものではありません。もちろんその道の専門家だからこそ解決できることが多いのです。
アルスタ司法書士事務所は、借金の完全解決をしてくれる頼もしい事務所なのです。

TOP

【口コミNO.1】アルスタ司法書士事務所はこちら

これで安心して眠れる!

借金の時効

  → 借金の時効とは!?

  → 時効の中断とは!?

  → サラ金の消滅時効援用で解決できたら!?

  → 解決の最大のPOINT!

債権者からの督促状や裁判所からの支払督促・訴状

  → 督促状(通知書)が届いたら!?

  → 裁判所から支払督促や訴状が届いたら!?

債権回収業者(サービサー)一覧

金融業者業者一覧

法律事務所(弁護士事務所)一覧

債権回収業者・法律事務所の対処法

  → 【アイアール債権回収】の消滅時効援用

  → 【アウロラ債権回収】の消滅時効援用

  → 【アストライ債権回収】の消滅時効援用

  → 【アビリオ債権回収】の消滅時効援用

  → 【アルファ債権回収】の消滅時効援用

  → 【エイアイシー債権回収】の消滅時効援用

  → 【エイチエス債権回収】の消滅時効援用

  → 【エーシーエス債権管理回収】の消滅時効援用

  → 【エムアールアイ債権回収】の消滅時効援用

  → 【エムテーケー債権管理回収】の消滅時効援用

  → 【オリファサービス債権回収】の消滅時効援用

  → 【オリンポス債権回収】の消滅時効援用

  → 【ジェーピーエヌ債権回収】の消滅時効援用

  → 【ジャックス債権回収サービス】の消滅時効援用

  → 【エムユーフロンティア債権回収】の消滅時効援用

  → 【セディナ債権回収】の消滅時効援用

  → 【ニッテレ債権回収】の消滅時効援用

  → 【パルティール債権回収】の消滅時効援用

  → 【ミネルヴァ債権回収】の消滅時効援用

  → 【リンク債権回収】の消滅時効援用

  → 【AET債権回収】の消滅時効援用

  → 【SMBC債権回収】の消滅時効援用

  → 【栄光債権回収】の消滅時効援用

  → 【札幌債権回収】の消滅時効援用

  → 【中央債権回収】の消滅時効援用

  → 【日本債権回収】の消滅時効援用

  → 【アイフル】の消滅時効援用

  → 【アコム】の消滅時効援用

  → 【アプラス】の消滅時効援用

  → 【アペンタクル】の消滅時効援用

  → 【栄光】の消滅時効援用

  → 【エポスカード】の消滅時効援用

  → 【ギルド】の消滅時効援用

  → 【クレディア】の消滅時効援用

  → 【ケンタッキー】の消滅時効援用

  → 【コムレイド】の消滅時効援用

  → 【新生パーソナルローン】の消滅時効援用

  → 【しんわ】の消滅時効援用

  → 【全日信販】の消滅時効援用

  → 【ダイレクトワン】の消滅時効援用

  → 【ティーオーエム】の消滅時効援用

  → 【ティーアンドエス】の消滅時効援用

  → 【日本保証】の消滅時効援用

  → 【ハローシステム】の消滅時効援用

  → 【東東京管理解決センター】の消滅時効援用

  → 【プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)】の消滅時効援用

  → 【三菱UFJニコス】の消滅時効援用

  → 【レイク(新生フィナンシャル)】の消滅時効援用

  → 【CFJ】の消滅時効援用

  → 【MEDS CLN(メッズクラン)】の消滅時効援用

  → 【MUニコスクレジット】の消滅時効援用

  → 【SBIイコールクレジット】の消滅時効援用

  → 【TFK】の消滅時効援用

  → 【携帯電話・固定電話料金】の消滅時効援用

  → 【子浩法律事務所】の消滅時効援用

  → 【引田法律事務所】の消滅時効援用

  → 【高橋裕次郎法律事務所】の消滅時効援用

  → 【駿河台法律事務所】の消滅時効援用

  → 【ライズ綜合法律事務所】の消滅時効援用

  → 【武藤綜合法律事務所】の消滅時効援用

  → 【鈴木康之法律事務所】の消滅時効援用

  → 【コモンズ法律事務所】の消滅時効援用

  → 【星川法律事務所】の消滅時効援用

  → 【市ヶ谷中央法律事務所】の消滅時効援用

  → 【みずなら法律事務所】の消滅時効援用

  → 【阿部芳久法律事務所】の消滅時効援用

  → 【榎本・寺原法律事務所とMOS合同法律事務所】の消滅時効援用